皆さん健康ですか?健康とは病気や傷害だけではなく肉体的、精神的に健やかな状態で日常生活を送っていることで、社会的にもバランスの取れた状態のことを言います。皆さんにとって“健康”とは何かを一緒に学んでいきましょう。

ストレスとタバコ等による害、どちらが寿命を縮める?

最近、タバコに対する風当たりがかなり厳しくなってきています。
やはり、間違いなく健康に害を加えることと、副流煙による他の人への害が大きいのでしょう。
しかし、喫煙者を減らせば、必ずしも心身ともに健康な生活を世界の全人類が行えるようになるのでしょうか?実際の所、そうとも限らないでしょう。
例えば、今まで毎日のストレスを消すために、タバコを吸っていた方々など。
ストレスの度合いにもよりますが、あまりにもストレスが大きく、忙しすぎて他のリフレッシュをしている時間もない方々なんかは、タバコを吸うことにより、そのストレスを大きく軽減でき、ストレスによる病気等にはかかりにくくなっていたでしょう。
しかし、タバコは絶対にやめなさい、禁止です、といった世の中になってしまったら、そういった人たちのストレス発散手段がなくなってしまいます。
運動すればよい、等、簡単に言う方々も多いと思いますが、運動が発散にならない方もいるわけで、また、先に述べたとおり、時間がなければ運動もできません。
今の世の中、業種によっては仕事以外の時間が取れない方は多数にのぼります。
そういった人たちが、タバコによる害によって寿命が縮まるよりも、ストレスによる重度な病気により、寿命が縮まるスピードが速くなってしまう可能性もかなり大きくなります。
そのため、必ずしも、体的に健康ならば全てが片付く、といった考えで、全ての人々の健康寿命が伸びるといったことは言えないわけです。
近代化した世の中、体力的な事よりも、精神的な疲れの方が多くなりやすい時代です。
体的な害を減らすだけではなく、精神的な害を減らすことも考えていく必要があります。
心身ともに健康な状態を保つことが、長寿につながります。